So-net無料ブログ作成

確率論攻略法の落とし穴 [カジ話いろいろ]

最近、無料攻略法を進呈した方から、いろんなメールを頂くようになりました。

中でも多いのが、「ルーレットの攻略法を自分で考えてチャレンジしたのですが、どこかで必ずやられます」という内容です。

私もそうでしたが、現在の手法に至る過程でマーチン、ココモ、モンテカルロ、その他ネットに出回っているであろうルーレット攻略法というものを、ほとんど試してきました。

たぶん、メールをくれた方々も自分なりに考え、いろんな工夫を凝らしてきたのだと思いますが、それらの攻略法を考えていくうちに陥るワナというか、「なぜやられるのか?」ということを私の経験や視点から書いてみたいと思います。

今日の記事はたぶん長くなると思いますので、時間のある時にゆっくり読んでくださいね。


『確率論の落とし穴』

有名なベットシステムにマーチンゲールというのがありますね。

赤黒などの2倍配当であれば、外れれば倍賭けしていくという手法です。私はマーチンゲールは悪い手法だとは思っていません。常に破綻と隣り合わせですが、FXなどではナンピン・マーチンゲールを取り入れたEA(自動売買)などで、利益を大幅に増加させるものも数多くあります。(重要なのは、そのロジックですね)

ルーレットでは、その破綻を回避させるために何をするかというと ” 待つ ” という行為をすると思います。

例えば、赤が4回続くを待ってから5回目から黒にマーチンを仕掛ける、という感じです。

オンラインカジノの場合はマックスベットの関係でマーチンの回数が制限されますので、それと、これも経験があると思うですが、自分が体験した連続数が経験値となって、やがて待つ回数(空スピン)を多くし始めます。

負けたくないので、赤を4回待ってダメなら5回、6回、7回とだんだん待つ回数が増えてくるわけです。

この時点で陥るのがベットチャンス(機会損失)へのジレンマです。

例えば、過去に7回待って負けたことがあるので、「8回赤が続いたら」、と思うわけですが、実際のところ、その連続を待つ間に5回、6回で勝てることの方が多いので「賭けていればな~」と、思うわけです。

そして、いよいよ赤が8回続いたのでベットチャンス!と思って賭けてみると、今まで経験もしなかったような連続に遭遇して全溶け!という悲惨な結末に。⇒ 結果、「イカサマだ~!」と叫びたくなる。(※12/24記事~ジパングカジノ勝てない


果たしてイカサマでしょうか?


こうなるのは考えてみればごく当たり前のことです。

なぜか?

それはハマっている方へ、ハマっている方へと、自ら向かっているからです。

本人は、確率論を考えて同じ色が続けば、次は違う色が出る確率はどんどん高まっているだろう!と思っていますが、これ真逆です。

大ハマリを当てにいく自殺行為に出てる状態です。

1226-1.jpg

※イメージです


よくルーレットの攻略法を語る上で確率論が議論されますが、「確率論」と「大数の法則」、それと「独立事象」と呼ばれるものはまったくの別物です。

それはルーレットが、そもそもどんなゲームかを考えれば理解できます。


『ルーレットとはどんなゲーム?』

ルーレットとは、そもそもどんなゲームでしょうか?(くどいようですが大事なことなので2回書きました^^)

1226-2.jpg

上は「0」が一個のヨーロピアンルーレット盤ですが、0.1.2.3.4.5.6.~36.という具合に、37個の数字が個別に仕切りられた円盤上のものに、投げられた玉がどこに落ちる(入る)かという、ごく単純なゲームです。

その「0」を除く36個の数字に、赤と黒の色が塗り分けてあります。

そして配当を決めるのに、赤黒、奇数偶数、ダズン、コラムなどのベットポジションが指定されています。

必勝カジノオンライン.jpg
(画像は必勝カジノオンライン様のサイトよりお借りしました)
画像URL:http://www.casinoonline.jp/roulette.php


では、確率論で勝負する方のルーレット盤とは、どんなものになるのでしょうか?


赤黒で勝負する方はこんな感じだと思います。基本1/2ですから、どの数字に玉が落ちようが関係ないわけで、「0」を含めてもこんな感じでしょう。

1226-3.jpg

ではもう一個。これも有名な98.48%で勝てると言われているダズンベットを使った手法(ダズン3箇所のうち1箇所が連続したら残りの2箇所にベットする)ですが、この手法で勝負する方のルーレット盤はこうなっていると思います。(意味わかりますかね^^;)

1226-4.jpg

もし、ルーレット盤が上図のようなものであれば、確率論から導いた攻略法でも十分に通用するかもしれませんが、実際に勝負するルーレット盤はこれです。

arrow057_09.png

1226-5.jpg

” どの数字に落ちるか ” のゲームなんです。


スキャルピング・ルーレット(無料進呈)のPDFの中で、『もっと大きな流れ「モード」について』、という章で触れていますが、各数字の出現率には「ハマリ」「連続」などの波があり、そしてこの波が何百、何千、何万というゲーム数を消化していきながら、大数の法則に収束していくと思われます。


では、先程の赤黒を確率論で勝負したケースですが、「黒」の数字が全部「ハマリ」だったとしたら?

又、98.48パーセント法で、1箇所のダズン数字のすべてが「連続」の波の中だったとしたら、どうなると思いますか?


結果はわかりますよね。


『ルーレット盤と確率論から見えてくるもの』


1226-6.jpg
rrr1.jpg

ヨーロピンアンルーレットの場合、上の画像のように、各数字37個が波を持ちながら組み合わさっています。


もし、「0」という数字が連続の波に入っている状態で先程の赤黒マーチンや98.48%の手法を使っていたとしたらどうでしょうか?

rrr0.jpg

「0」が連続する、又は短い周期で頻繁に出現するケースは何度も見たことがあると思います。

これらのことを考慮していくと、確率論で期待値を上げる、ましてや「0」を除いて確率論を語るという事が、いかに危険であるか分かると思います。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<スキャルピング・ルーレット開発秘話>

スキャルピング・ルーレットは確率論の真逆から考えた手法です。

ある日、同じ数字が3回連続して出たことがあったんですね。(プレイテックでは結構あります) 4回連続もありますし、短い周期でバンバン出ることが多い中で、これらの数字を全部拾えないかな?と思ったのがきっかけでした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


では皆さんの勝利にGood luck!


nice!(1)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 1

コメント 7

taro

以前に情報をいただいたtaroです。
今回の記事の「自分なりの方法ではまってしまった人」って私のことも入ってますよね(^_^;)
記事に入れてもらって光栄です。

あれから、数回データ取りをやってみました。1000ゲームほどを1セットとしてのデータ取りでしたが、リアルマネーを使っていれば1セット当たり約50ドルの利益が出ていました。

今回は1000ゲームすべての数字のパターンをとっているので、仮に他の数字でと思って見てみると143→29→150なんてパターンもあって数字選びは慎重にしないとダメだと痛感しました。

toru様が書いておられるように出目の波は存在します。
少なくともウイリアムヒルのルーレットプロでは存在してました。

99.48%法を使っていたら、確実に全溶けしているようなデータがそこら中に出てきます。

是非とも、スキャルピングルーレットで利益出して、over購入となりたいものです。
でもこの手法は500ドル以上の資金で勝負した方が良いと思います。
それ思うと、もうover買っちゃた方が良いのかも(^_^;)
by taro (2013-12-29 10:06) 

casino88toru

taroさん、コメントいただきありがとうございます。

データを取りながらシュミレーションをされているようで、とても良いことだと思います。いろいろ見えてくるものがありますもんね。

数字のパターンは規則性を持ちながらもランダムです。鉄板!と思ってた部分で外れたりもしますんで、だから完全攻略は無理なのでしょうね・・・^^;

ウィリアムヒルは私は日本語版では調子良いのですが、本家の英語版では痛い目に遭った経験があります。

ウイリアムヒル英語版は出金処理の早さと、ストレートのベット範囲が100ドルまであるので、欲をかいて大金ぶっ飛ばしたことがあります^^;それ以来近づいてません。いつかリベンジしてやります^^

つたないブログですが、何かしら役に立つことを書いていきたいと思ってますので今後ともよろしくです~。
by casino88toru (2013-12-29 12:22) 

taro

連投失礼します。

toruさんもウイリアムヒルにやられた同志だったんですね^^;
toruさんならリベンジもすぐでしょう。
もしリベンジをされたら、ブログにも載せてくださいね。

それでは参考になるかどうか分かりませんが、先ほどウイリアムヒルで検証を行いました。

200回して100を超える数字がなかったので、今回は13回転目と181回転目と198回転目で出た数字「14」でベットしました。(リアルマネーは使っていません(^_^;))

198回転目で短い周期を確認済ということで201回転目からベット結果207回転目で出ました。
そのあとは

10-20-96-14-9-99-12-36-32-3-14-72-52-20-25-41-12-14-17-22-8-25-12-68-21-64

と最初の検証200回転分含めて1025回転で51.1ドルの利益でした。

最高ベット合計も99回転なので30.8ドル。

これぐらいで済めば今の手持ちでも十分なのですが、検証を何度もしていると150回転超えは珍しくないです。

やはりリアルマネーを投入するのは500ドル以上の方が良さそうですね。

それから、ウイリアムヒルのルーレットプロはストレートアップの上限が15ドルでした。
スキャルピングルーレットの手法では193回転目までカバーできますが、194回転以上は負けとなります。
ご注意ください。

※ 手書きの記入も良いのですが、エクセルで入力表を作ってみました。
素人の作品なので、あまり使い勝手は良くないかもしれませんが、アウトサイドベットもインサイドベットも見れるようにしています。
もし必要であれば、言ってください。
送りますよ(^o^)
by taro (2013-12-29 19:12) 

casino88toru

連投ありがとうどざいます^^

エクセルの入力表くださ~い!私はエクセルは苦手なので、そういうものを作れる方は尊敬してしまいます^^(メールで送ってくださいまし)

スキャルピング・ルーレットのバンクロールは500くらいあった方が安心ですね。でも調子良い時は300くらいでも十分な時もありますし・・・、やっぱメンタル的に楽なのは、原資100ドルくらいを増やして、短時間でドッカン勝ち逃げパターンが理想でしょうね。

ウイリアムイルは、いつかやってやりますよ~。そのときはブログで詳細アップしますんで、う~ん動画でもいいかな!?

ではでは。


by casino88toru (2013-12-30 09:32) 

taro

お疲れ様です。

エクセル表送りました。
ご確認くださいませ(^o^)

ファイルが開けない時はエクセルのバージョンを落としてから、送りますのでご一報ください。
by taro (2013-12-30 15:21) 

casino88toru

ファイル開けましたよ~。

どうもありがとうございました。

それにしてもこんなの作れる人は感心します^^


by casino88toru (2013-12-30 18:42) 

taro

開けて良かったです(^^)

15年ほど昔に初めて就職した企業でパソコンを与えられ、

独力でエクセルを学びながら仕事することになり、
(誰も教えてくれなかった・・・)

無理矢理おぼえました^^;

辛い思い出ですが、今は役に立っています


スクールや通信教育などで習っていないので完全に我流です

分かる人が見れば、たぶん なんて非効率な表だ!と

驚かれるでしょうね^^;

不備があれば、ご報告ください

直します

taro
by taro (2013-12-30 21:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。