So-net無料ブログ作成
検索選択

連続89万出目52000エントリーで無敗!が意味するもの [calix JK + 〇〇〇]

前回記事で紹介しましたFさんのメール...私も最初に読んだ時には、にわかに信じられなかったのですが、内容を詳しく解説しますと・・・

まず、連続89万出目というのは、ルーレット盤の1スピンの結果を1出目とすると、それを89万スピンさせたということで、仮に1秒間2スピンで行ったとしても1分間で120出目、1時間で7200出目ということになり、89万回分の出目を集めるだけでも123.6時間、ぶっ通しで回しても5日強が必要になるという、膨大な出目データです。

次に、その出目データをFさんがプログラムを組んだ検証機 (エクセル) に入力、その後calix JKのロジックで抽出すると該当エントリーポイントが52000箇所あったということなのですが、このくらいの出目データ・エントリーポイント試行回数になると、ほぼ大数の法則が効いてくる (確率は収束する) のは何となく感覚的に理解できると思います。

そして、この52000のエントリーポイントに対し、独自のロジックでベットを行ったシミレーションの結果が、最大BR$238.8で無敗エントリー、収支勝率100%という、驚愕の結果です。

ちなみに検証機はこんな感じです。

918.jpg
※ごく一部です

これまで、私は数々のロジックを微力ながら開発してしてきましたが、勝ち敗けの波 (勝率のばらつき) を回避するために、プレイカジノの分散やゲーム画面の切り替え・資金管理法など、様々な方法を提示してきました。

理由は、” 同一手法を続ければ、大数の法則がある限り、どのような手法を用いても、必ず、それ (大数の法則や控除率) に収束してしまう ” からです。

カジノ運営側からすれば、ゲームソフトという土壌で利益追求する以上、ルーレットを含む全てのゲームに於いて、プレイヤーが用いるであろうあらゆるベットを想定してプログラム (乱数生成) してあるはずです。

つまり、今回のFさんの検証結果というのは、” ほぼ、それら全て超えてしまった ” と言っても過言ではないと思います。

前回も書きましたが、まさに ” 1カジノ完結 ” です。

これを自動化すれば、本当にスタートボタン1クリック後、完全放置の自動ツールとなってしまいます。

なんか凄いですね・・・

calix JK + 〇〇〇

次回は、〇〇〇の部分を明らかにしますね。近日中にアップします~[猫]


では、皆さんの勝利にGood Luck



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。